ライブの宣伝ってどうやったら効果的?自作グッズで検証!

ロックバンド「Vas of Atum」ベースのみかです。

今までライブの宣伝をブログやTwitterでしてきたわけだけど、全くお客さんが来ない(TOT)

どうやったらお客さんって来るんだろう?

そして、ある根本的なことに気づいてしまった。

そもそも、ライブに来たことがない人にとってはライブハウスは「入りにくい」というイメージがあるのでは?

実際、まさも私も初めて福岡のライブハウスに行ったとき、

「え?地下?」

「ここだよね?」

なんて、恐る恐る階段を降りて行った。

地下へとつづく階段を降りるなんて何の抵抗も無い人もいるだろうけど、私は結構抵抗があった。

で、まさが宣伝のアイデアを出してきた。

ライブハウスでライブの宣伝をすれば良いのでは?

なるほど~~~!!!とめちゃくちゃ感心してしまった。

たしかに、ライブハウスに来慣れてる人にその抵抗感はないもんね。

で、どうやって宣伝するか?という話になったんだけど、またもやまさのアイデア。

「コースターなんてどう?」

私「コースター???、それめっちゃ良い!インパクトある!」

と思って、早速私はデザインを提案(^O^)

絶対コースター一面に顔でしょ!インパクト第一!と思って作ったデザインがこちら↓

コースター第1案

見事に却下された。

絶対「インパクト!」だと思ったんだけどな~・・・

でも、よくよく考えると、コースターの上にお酒の入ったグラスが置いてあって、お酒を飲もうとグラスを取った途端、が現れるとキモイかも・・・

美味しいお酒がマズくなる可能性が。

インパクトも大事だけど、やっぱカッコ良さも大事だね。

デザインを修正し印刷!

コースター印刷

 

印刷してみると立派に見える。

コースター印刷後

 

コースターのクッションみたいなのをつけて、丸く切って完成!

コースター完成

 

私がテスト用に切ったのはギザギザ、適当な性格が出てしまった。

コースターギザギザ

 

本番用は、まさがめちゃくちゃキレイに丸く切ってくれた!

コースタ丸い

いや~!スゴイ!売り物みたい!

 

さらにさらに・・・!

各メンバーのメッセージ入りミニチュア看板も用意。

コースターで惹きつけたお客さんにライブの告知をする狙い。

ラミネートして頑丈にしてみた。

フライヤー

 

これをどうするか?

壁に貼ってもらう?

いや、壁に貼ると壁まで行かないと見えない。

やっぱ、ひょいひょいと動かせる機動性の良いものが良いのでは?

・・・ということで、三角柱にした。

三角柱フライヤー

自分で作って愛着があるせいか、めちゃくちゃ立派に見える♪

 

コースター、ミニチュア看板、何ヶ所もQRコードが入ってるけど、全部↓このページが開く。

https://vasofatum.jp/live.html

しか~し、このQRコードにもとある仕掛けが。

どのQRコードが読み込まれたか分かるのだ(^O^)/

コースター、三角柱のフライヤー、QRコードが読み込まれるのか?効果があるのか?

それを検証しなければ意味がないからね。

 

明日、ライブハウスDjangoにこのグッズ達を持っていくわけだけど、はたして置いてくれるのだろうか?

 

 

 

ライブ情報


2024.6.2(日)

『Django 30th ANNIV. LIVE 「2024 Chitlin Circuit of West Japan」』
熊本Django

OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥3,000 / DAY ¥3,000
※別途1ドリンク ¥600

Django 30th ANNIV. LIVE 「2024 Chitlin Circuit of West Japan」


 

VARS 最新動画