(続き)なんで黒鍵って♯と♭で使い分けるんだ?-♯と♭を使い分ける方法

はいども、ギターのMASAです。

今回は、前回ご紹介した♯♭の使い分け方の例外というか補足をしようと思います。

↓前回の記事

前回は、そもそも黒鍵を♯♭で表す理由と

♯♭の使い分け方をご紹介したんですが…

「シャフラ」とか「フラシャ」とか造語全開でしたが、どうでしたか。わかりました?

ちなみに、ボーカルYATCHに感想を聞いたところ「よく分からなかった」そうです。作り直そかな…笑。

というわけで、今回は分かりやすさに注力してやっていこうと思います。

(※「シャフラ」や「フラシャ」については前回の記事参照)

では、いきましょう。

今回は♯♭の使い分け方の例外についてです。

例外は、白鍵と黒鍵のスケールにそれぞれ2つずつあります。

では、まず白鍵のスケールからいきましょう。

白鍵のスケールの例外

白鍵の方は、めっちゃ簡単です。ドのM(メジャー)スケールとラのm(マイナー)スケールの2つです。

ドのMスケールの場合

まず、ドのMスケール(の1オクターブ)を図にしてみます。

そう、ドレミファソラシドです。おそらく世界一有名なスケールですよね。

見ての通りスケール内に黒鍵が出てきません。

なので、シャフラは無視で大丈夫。

ラのmスケールの場合

つぎに、ラのmスケール(の1オクターブ)を図にしてみます。

こちらも、スケール内に黒鍵が出ません。なので、ドのMスケールと同じようにフラシャは無視で大丈夫です。

シャフラやフラシャは、あくまでスケールに出てくる黒鍵が♯なのか♭なのかの判別方法なので、黒鍵が出てこないこの2つのスケールはスルーして大丈夫です。

めっちゃ簡単ですよね。

黒鍵のスケールの例外

はい、お次は黒鍵のスケールの例外です。

黒鍵の方は、ちょいと曲者。ファ♯のM(メジャー)スケールとミ♭のm(マイナー)スケールの2つです。

ファ♯のMスケールの場合

まず、ファ♯のMスケール(1オク)を図にします。

Mスケールは「シャフラ、ファ逆」でした。なので、ファ♯のMスケールに出てくる黒鍵は全部♯です。

それを踏まえて音名を並べると…

ファ♯ ソ♯ ラ♯ シ ド♯ レ♯ ファ ファ♯

ほら!

ファとファ♯の音名が被っちゃってますよね。ちゃんと黒鍵を♯で表しているのに。

さて、これはどうすればいいかというと、「ファ」を♯で表すんです。

なんと、「ファ」は黒鍵じゃないのに、辻褄を合わせるために白鍵を♯で表すんです。例外的に。

こんな感じでファをミ♯と表します。

よって

ファ♯ ソ♯ ラ♯ シ ド♯ レ♯ ミ♯ ファ♯

こうなります。ちょいと難しいですよね。

ミ♭のmスケールの場合

お次は、ミ♭です。ミ♭のmスケール(1オク)を図にします。

mスケールは「フラシャ、ミシ逆」でした。なので、ミ♭のmスケールに出てくる黒鍵は全部♭です。

それを踏まえて音名を並べると…

ミ♭ ファ ソ♭ ラ♭ シ♭ シ レ♭ ミ♭

ほら、シ♭とシの音名が被っています。

これも、ファ♯のMスケールと同じパターンです。

これは、白鍵の「シ」を♭で表すんです。辻褄合わせで。

こんな感じでシをド♭と表すんです。

よって

ミ♭ ファ ソ♭ ラ♭ シ♭ ド♭ レ♭ ミ♭

こうなります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、♯♭の使い分け方の例外をわかりやすさを意識して書いてみました。

一応、おさらいしときますね。

ざっくりまとめると…

白鍵のスケールの例外は、黒鍵が出てこないやつが2つ

黒鍵のスケールの例外は、白鍵に♯♭をつけるやつが2つ

という話でした。

わかりましたかね?自分では分かるんですが笑。

 

 

ライブ情報

2022.4.30(土)Live『祭(※勝手に命名)』 in 熊本Django

※ツイキャス同時配信ライブ

無事終了しました~♪

Vas of Atum 最新ライブ動画

2021.10.16(土)Live『始動-SHIDOU-』 in 熊本Django



ラジオ配信

ラジオ『Axis in My Radio』
YouTubeチャンネル『まったりVas』で第1・第3金曜日22時頃配信中

Axis in My Radio