なんで黒鍵って♯と♭で使い分けるんだ?

どうも、ギターのMASAです。

音楽をやってる方は、こんな謎を感じたことありますか?

「なんで黒鍵って♯と♭で使い分けるんだ?」

たとえば、ファとソの間にある黒鍵。

あれって『ファ♯』であるとも『ソ♭』であるとも言えますよね。

そもそもなんで二種類あるの?どっちを使えばいいの?

そんな謎を解決すべく今回は、前半に黒鍵を♯と♭で表す理由、そして後半で使い分ける方法をご紹介。

では、さっそく♯と♭の二種類ある理由から申しますと…

ズバリ、音階の呼び方が紛らわしいから。

どういうことなのか説明しますと

たとえば『レ』のメジャースケールを書くと

ソ♭ ソ ラ シ レ♭

となります。ほら!

ソ♭レ♭ の音名が被っちゃってますよね。これ、紛らわしいでしょ?

実際に音名伝える時に、「ソ」って言われて『ソ』だと思ったら「…のフラット」って言われるとめんどいじゃないですか。

てわけで、黒鍵を呼ぶときに音名が被らんように「スケールごとに黒鍵の呼び方を変えようね」ってことなんです。(※スケールについての説明は難しいので今回は割愛)

なので、さっきの『レ』のメジャースケールの例で言えば

ファ♯ ソ ラ シ ド♯

って感じで被り回避する。

黒鍵を♯と♭で表す理由はザッとこんな感じです。

では本題。

「じゃ、♯と♭ってどうやって使い分けるん?」

答えはカンタンです。使い分けを覚えちゃいましょう。(覚え方発明してきましたw)

ちなみに、今回ご紹介するのはメジャースケールとナチュラルナイナースケールの二つです。しかし、二つだけと侮るなかれ。

実は、この二つのみ覚えていればエオリアンからの転回したすべてのスケールの黒鍵の表し方を導けるので、ほぼほぼすべてのスケールの♯♭の使い分けを覚えるのと同義になります。

ディミニッシュとかオーギュメントとかハーモニックマイナーみたいな音階の並びそのものが変わるやつ以外ね。

よく分からない方も「へぇ、なんか便利なんだ。」くらいで大丈夫です。覚えて使うだけで、その知識を勝手に網羅してることになります。

じゃ、さっそくいきましょう。

M(メジャー)スケールの場合

Mスケールの時は

白鍵のMスケールに出てくる黒鍵が♯、黒鍵のMスケールに出てくる黒鍵が♭になります。

※この図では未完成。

白黒の順に♯♭なので略して『シャフラ』と覚えると楽かと。

で、そんな法則に天邪鬼な奴がいます。それがファのMスケールです。

白鍵と黒鍵のファ(ファとファ♯ですね)のMスケール内の黒鍵だけが♯と♭が逆になります。つまり、ファのMスケールに出てくる黒鍵が♭、ファ♯のMスケールに出てくる黒鍵が♯。

※こっちが完成版。

もう一度。

Mスケールの場合は白鍵のMスケールが♯(ファは逆に♭)、黒鍵のMスケールが♭(ファ♯は逆に♯)。

まとめると…

Mスケールは『シャフラ、ファ逆』

これだけ。

ラのMスケールの場合

Mスケールはシャフラ、ファ逆。

ラは白鍵なので♯。

つまり、ラのMスケールに出てくる黒鍵は♯です。

ラ シ ド♯ レ ミ ファ♯ ソ♯

こんな感じで全部♯になります。

では、次いきましょう。

m(マイナー)スケールの場合

mスケールの時は

白鍵のmスケールに出てくる黒鍵が♭、黒鍵のmスケールに出てくる黒鍵が♯になります。Mスケールと真逆になりますね。

※未完成版

白黒の順に♭♯、略して『フラシャ』です。

で、こっちにも天邪鬼な奴がおりまして。しかも二体。それが、ミとシのmスケールです。

白鍵と黒鍵のミシ(ミシとミ♭シ♭)のmスケール内の黒鍵が逆になります。ミシのmスケールに出てくる黒鍵が♯、ミ♭シ♭のmスケールに出てくる黒鍵が♭。

※完成版

もう一度。

mスケールの場合は白鍵のmスケールが♭(ミシは逆に♯)、黒鍵のmスケールが♯(ミ♭シ♭は逆に♭)。

まとめると…

mスケールは『フラシャ、ミシ逆』

ほい終了。

シ♭のmスケールの場合

mスケールはフラシャ、ミシ逆。

シ♭は黒鍵なので♯。と見せかけてミシ逆なので♭。

つまり、シ♭のmスケールに出てくる黒鍵は♭です。

シ♭ ド レ♭ ミ♭ ファ ソ♭ ラ♭

こんな感じで全部♭になります。

意外とシンプルで美しいですよね。とはいえ、自分でも使ってみないとよく分からないと思います。

さっそく例題いってみましょう。

問題1

ソのMスケールの黒鍵は、♯?♭?

問題2

ド♯のmスケールの黒鍵は、♯?♭?

問題3

ファのMスケールの黒鍵は、♯?♭?

こたえ

問題1 ♯ 問題2 ♯ 問題3 ♭

ファ逆、ミシ逆のもう一つの覚え方

この記事書いてて思いついたんですが

白鍵と黒鍵のファミシ(ファ♯ミ♭シ♭)のスケールはMスケールでもmスケールでも♯と♭が確定するので

Mスケールは『シャフラ』

mスケールは『フラシャ』

『ファ♯、ミ、シ』のスケールは♯確定

『ファ、ミ♭、シ♭』のスケールは♭確定

と覚えてしまってもいいかもです。

※ミファシの(Mとm)スケールは♯♭が確定するの図

覚える量こそ増えますが、一度覚えてしまうとこっちの方が早いかつ簡単かもしれません。

いかがでしたか?

今回は、夜中に寝てたら突然思いついたMスケール&mスケールの黒鍵の表し方をご紹介しました。

ちゃんと楽譜でよく使われる表し方をご紹介したのでご安心を。

ちなみに、ファ♯とソ♭のみ、同じくらい楽譜で使われるらしいです。(今回はハードロックでの表記が多い気がするファ♯の方を紹介しました)

もちろん、今回ご紹介した表し方以外でも表すことが可能です。

次回は、白鍵と黒鍵の例外についての記事を作ろうと思います。

続き書きました↓

 

 

ライブ情報

2023.2.19(日)
Live
『ツイキャス同時配信ライブ』
in 熊本Django
OPEN=17:00 START=17:30



 

Vas of Atum 最新ライブ動画

2022.9.11 Live『PSEUDO AGGREGATION』 in 熊本Django