Seaboardで尺八弾いてみた

ギターのMASA。

こないだ、Seaboardで尺八をプレイした。これまで主にギターの音色なんかでプレイしていたが、尺八を見つけた時チョー嬉しかった。

何が違うかというと、ギターやヴァイオリンは音程が揺れるヴィブラートをメインでやった方がしっくりくるが、尺八や歌なんかは発声に強弱をつけるヴィブラートをメインに使った方が聴き心地が良い。俺の場合。もちろん、やり方によるが。

ちなみに、その尺八のヴィブラートは横ユリといって音程は変わらないやり方。音程を揺らして変えるやり方は縦ユリというそうだ。

それと、またまた面白いのが高音から任意の音程に素早くグリッサンド?するテクニックだ。あれは趣があるねぇ。あれが再現できるSeaboard…。夢の楽器と言う他ない。「あ、こんなことまで出来るんだ」って感動したぜ。

俺は、その昔まさにヴィブラートが出来るキーボードが欲しいと思っていた。ギターのフィーリングが備わっていて、チョーキングが出来たりアームダウンなんかをキーボードで再現出来たらどれだけ良いだろうと。

なぜかっつーと、キーボードは鍵盤によって視覚でも音程を認識できるし、両手で演奏できるので素晴らしいと思っていた。それを駆使すれば、今まで聴いたことも無いような演奏が出来るって確信してたからね。

Seaboardは買ったときからスゲー大好きになった。指触りもすごいなめらかで高級感があるぜ。でも、最初はヴィブラートとかも難しかった。音色の種類と鍵盤数だけがもうちょっと欲しい。俺のは24鍵で、携帯もandroidなのでアプリが対応していなくて音色がめっちゃ少ない。あと、レイテンシーが気になる。これは、どうやれば無くせるんだろう。

でも、これからも少ない音色でアップできるやつはやっていくぜ。また尺八はやりたいなぁ。次は何弾こう。…もしかして、アプデで使える音色増えたりするのか?

追記
アプデしても音色は増えませんでした。

募集!

ドラム & キーボード 募集中!

動画、写真撮影ボランティア募集中!

「メールはこちらをクリック」から連絡をください

 

Vas of Atum 最新ライブ動画

2020.2.29(土) IDENTITY CRISIS in 熊本Django

『 My Destiny 』