俺

どうも、MASAです。

さぁ、前回に引き続き俺の哲学シリーズ笑。

もうタイトルにも書いとるけど、俺の考えの基本は

「俺の世界には俺しかいない」

これ分かる人おる?

読まれてる方は、これを他人に質問してること自体が矛盾だと感じるかもしれない。

だが、待ってほしい。

まずは、この感覚について説明しよう。

以前ブログにも書いたのだが、俺はいじめられたことがある。

俺は本気で、いじめてきた奴を●害しようと毎日作戦を練っていた。

そして、やり返した

いや、●してないですよ笑。

相手は即いじめをやめて学校も辞めてしまった。

そう、俺が命をかけてやり返したのに、相手は全然命などかけてなかったのだ。当然だが。

その時、俺は「自分以外の命かけてない奴らとかどうでもいい」と思ったわけです。

つまり「自分の価値基準・判断基準に他人が存在しない」という感覚。

俺の世界とはそういう意味。

たとえば、「人が言ったからこれが正しい」とか、「みんながしてるからやっとこう」みたいなのが無いって感じ。

他人が良い意味でどうでもいい。

他人はあくまで「俺の世界」の中にいないだけで、外には皆さまがおられます。

最初に質問した理由がそれ。

ところで、この感覚って一見めっちゃ無責任な感じしますよね。

「自分さえよければいい」の向こう側みたいな笑。

「俺の世界」だべ?自己中軽く超えてるよね。

でも、実際は逆なんだよね。

自分の世界に自分しかいなかったらどうなるか・・・。

実は、全部自分の責任になるんだよね。

すべてが自分次第であり自分のせい。

やりたいことは自分でやらなきゃ気が済まない。ケツも自分で拭かなきゃ納得しない。

なぜなら、俺の世界には俺しかいないから。

たとえば、誰かに怒りの感情を抱いても「コイツのせいにするな!コイツのせいでも何でもない。」って発想。

そっから「自分ができることは何だ?」って考えて、腹いせにやれる作戦ぜんぶやる、みたいな。

なので、外からは超自立した人や怖い人に見られることが多い。自分がある人みたいな。

自分としては、ただ自分が満足するためにこだわる。

でも、人から見ると「ストイック」とか「ポジティブ」とか「お客様に寄り添っている」って見られることがあって驚く。

むしろ、自分のやりたいことしかやってない「自分に激甘人間」なのである。

めっちゃ自分に正直に楽しく暮らせる生き方なのでおすすめ!・・・はしません。

俺の世界には俺しかいないので。

 

 

ライブ情報

2022.9.11(日)
Live
『PSEUDO AGGREGATION』
in 熊本Django

※ツイキャス同時配信ライブ

詳細はこちら

 

Vas of Atum 最新ライブ動画

2022.7.23(土)Live『狂喜乱舞』 in 熊本Django



ラジオ配信

ラジオ『Axis in My Radio』
YouTubeチャンネル『まったりVas』で第1・第3金曜日22時頃配信中

Axis in My Radio