救急車

ロックバンド「Vas of Atum」ベースのMIKAです。

先日、生まれて初めて救急車に乗った!それも患者として!!

私は病気することはないと思ってたから、救急車とは無縁だと思ってた。

自分でもビックリしたよね~(@_@)

お昼に美味しいメンチカツを食べ、ご機嫌に仕事をしていた晴れ晴れとした午後、、、急にお腹が痛くなった。

ちゃんとトイレに行ってるのにな~と思いつつトイレへ。。。

そしたらね~、、、痛みがひどくなってきて、「なんかちょっと違う・・・いつもと違う・・・何これ!?」って感じ。

言葉では言い表せない何か、、、恐怖心というか、、、とにかく早くトイレから出ないと!

と、急いでトイレから出たものの、激痛になり同じ職場の人に「お腹痛い」と訴えた。

職場の人に連れられ病院の外来へ。

私の勤務先は病院で、平日はすぐに診察が受けられる外来があるのだ!

外来へ行く途中で動けなくなって車椅子まで持ってきてもらったよね。ありがたや~。

外来へ着き、横向きに寝て体を丸めてやっと我慢出来る状態だったのに、レントゲンを撮るのに「仰向けで足伸ばして下さい」と言われて、めっちゃ激痛の中撮影した。

CTも撮った気がするけどよく覚えてない。。。

鎮痛剤を打ってもらって、なんとか少しだけ力を抜けるようになった。

「手術になるかも」と別の病院に行くことになり救急車が呼ばれた。

救急車に乗るのは初めての体験だったんだけど、勝手にゆったりなイメージを持ってた。

でも、普通に揺れた(^o^)

救急車の中では隊員の人に色々聞かれた。

激痛だったけど鎮痛剤が打ってあったから答えられたけど、そのまま乗ってたら答えられなかったかもな~。

隊員の人たち、急いで運んでくれてるのがよ~~~くわかった。

今まで運転中に救急車を見かけたらちゃんと避けてたけど、もっと避けようと思ったよね!

そして、いよいよ救急病院に到着したわけだけど、ここでもレントゲン、CTを撮った。

今回は鎮痛剤のおかげでちゃ~んと仰向けで撮れた(^^)v

他にも色々検査をして、「入院です」と。

子宮内膜症が大きくなってて、腸が動いてなかったそうな。

病院に運ばれて4時間ぐらいかな。。。ずっと激痛に耐えてたんだけど我慢できなくなって「痛み止めは出してもらえないんですか?」と聞くまで、放置されてた(笑)

点滴の鎮痛剤だったけど、すぐ効いてきて楽になったな~~~(^^♪

早くして欲しかったな~~~。

痛みが和らいでくると隣のカーテン越しにいるオヤジのイビキがうるさい!!!

早く病室に行きたい!!!と思ったけど、鎮痛剤が効くまで痛みで聞こえてなかったんだね。

ほんで、やっと、病室にたどり着いたわけだけど、もう夜になってて、あとは寝るだけ。

だけど、痛くて横向きでしか寝られない。

それも右だけ!

左の横向きは痛いし、寝返りをうつのも必死だし(--;)

鎮痛剤効いてても痛かったな~。

お腹の中で炎症が起きてるから、腸を休めるのが一番らしく絶食になった。

2日2食分の絶食だったけど、お腹痛いし、ご飯のこと想像しただけで吐き気がするから全然平気だった。

逆に食べろと言われても食べられなかったよね。

絶食明けのご飯がこれ↓

流動食

THE・流動食!

初めて見たし、初めて飲んだ!

2日も食べてないとこれでも多いんだよね!

一気に飲むとお腹がパンパンで苦しかったから、2食目は30秒経って一口、30秒経って一口、、、って感じで飲んだ。

美味しかった~♪

それに、絶食中水を飲んでたんだけど、やっぱりお腹痛くてなかなか飲めなくて1日で500mlぐらいだったから、唇がガッサガッサしてたのが、どんどん潤ってきた(*^^)v

娘が気を利かせて使い捨てのお箸やスプーンを持ってきてくれてたんだけど、ホントについてないんだね!

良かった。

↓3食目にして既に固形物が!!!

病院食

噛めるって幸せだね~(^o^)

↓ふと見た外の景色に癒された。。。

景色

窓越しじゃなくて、直接撮りたいな~と思って窓を開けようとしたら、ガンッと10cmぐらいで止まった。。。

ロックがかかっとる!!!6階だけんか!!!

人生初の救急車と初の救急病院は、最初の3日間はツラかったけど、残りの日々は楽だったぁ。

今回は、ホント色々な人に助けてもらった。

また入院するかもしれないから、持ち物リストを作っておかないと!!!

 

ラジオ配信

ラジオ『Axis in My Radio』
YouTubeチャンネル『まったりVas』で第1・第3金曜日22時頃配信中

Axis in My Radio

 

Vas of Atum 最新ライブ動画

2020.8.9(日)CRAZY BASEMENT in 熊本Django

『 Black Noble 』